気の実キッズ教室
トップページ
気の実キッズ教室の
ご案内
参加したい 開催したい 寄付・支援したい
非営利型一般社団法人 エチケット・サービス向上協会<通称・ESA(イーサ)>
〒215-0036 川崎市麻生区はるひ野5-4-1 
TEL:044-981-6678 FAX:044-981-6679
 
 

 一般社団法人 エチケット・サービス向上協会の英文名 Etiquette・Service Advance Association の
頭文字をとりESA(イーサ)と略称します。

 ESA(イーサ)はエチケット・マナー・サービスの向上を社会に普及することを目的とし調査・研究を行い、
その結果を活かし検定試験を実施することで、エチケット・マナー・サービスの更なる向上を目指すために
活動しています。
 多くの実務家・理論家・学者の皆様のご協力によりスタートしたESAは、CS・初級・中級・上級検定試験を
実施しています。また、エチケット・マナー・サービス検定も実施しています。

 各種検定受験時にいただいた費用はこれからの日本の宝である子供たちに焦点を当て、「気の実キッズ
教室」などのプログラムを無料ないしは格安費用でご提供することに活用させていいただいています。

 事務局拠点の川崎市、川崎市教育委員会、川崎市市民活動センター、tvk(テレビ神奈川)などのご後援を
いただき、また様々な企業様からCSRの一環として活動にご参加いただき、サポートもいただきながら気の実
キッズ教室を開催しています。

 
  
最近の脳科学では、情緒面を司る脳機能の多くは6歳までに
発達のピークを迎えることがわかってきました。
特に4歳までの環境が情緒の基盤形成に大きく影響すると
いわれています。
「三つ子の魂百までも」といわれているように、幼少期に体験
する人との良い関係にある環境が、子供たちの将来に大きな
影響を与えます。
幼児期は、いわゆる良い習慣を習得できる時期である反面、
好ましくない習慣も身につけてしまうという、重要な時期なの
です。
  複数名で体験することで、集団生活に欠かせない思いやりや
『気づき』『気くばり』『気づかい』や協調性、自立心を育み、
身につけます。
幼稚園や小学校という集団社会への第一歩を踏み出す時に、
お友達との良い関係づくりのノウハウを持てば安心して進学
できる力が身につきます。
 
    今から先に何が起こるか分からないのが人生。
    ゲームの普及や進む少子化・核家族化、地域社会関係の希薄化で、子供たちがコミュニケーションを
    学ぶ機会が減っています。
    一瞬の判断で危機回避できる人間力を磨くことや、人との良い関係を構築するコミュニケーション力を
    育てることで、より豊かな心と時間と環境を自ら作り出せる人間力を培う事ができます。
    同じ場面でも、反応は様々。
    ひとり一人の感じ方を尊重し、手遊びや椅子取りゲームのような幼児・児童にも理解しやすいルール性のある
    ゲームを楽しみながら、エチケット・マナーの必要性や重要性を認識する場面を体験することで、生涯に渡って
    役立つコミュニケーション方法のバリエーションを多く持つことができます。
    将来必要になる、“相互尊重”ならびに“臨機応変”“機転を利かす”力が身につきます。
   3歳からの子供たちを指導してこられた、経験豊富な講師が子供たちの可能性を引き出します。
    参加年齢に合わせて、豊富なメニューの中から一人ひとりの感じ方を尊重し、コミュニケーション力を引き出します。 




 
 
 
 
 
気の実キッズ教室のご案内 参加したい 開催したい 寄付・支援したい   ESAについて 
気の実とは?

気の実キッズ教室とは?

どんなことをするの?
次回開催のお知らせ

開催のご報告

参加希望者募集
開催募集について ご支援・寄付のお願い

ご支援・寄付の御礼
  ESAトップページへ
   
Copyright (C) ESA. All Rights Reserved